Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

「Feel Physics」という物理教育アプリ販売会社で、アプリを開発しています

マイクロソフトはモバイルOSの開発へ舵を切るかもしれない

マイクロソフトWindowsの根幹部分(通称「MinWin」)はわずか25MBであることを明らかにしたそうだ。これはiPhoneのOSがMac OS Xの根幹部分であることと微妙に似ている。

 

マイクロソフトWindows mobileの次バージョンにMinWinを載せ、既存のソフトはエミュレータ上で動かすかもしれない。そうなると、実質的にはWindows XPスマートフォン上で動くことになり、ユーザーにとってとても有益だ。

 

デスクトップのソフトはWebサービスに取って代わられつつある。しかしMinWinがスマートフォンに載れば、これまでのWindowsデスクトップソフトが活きる道が残されることになる。これは多くのソフトメーカーにとって、ありがたいことだろう。

 

個人的には、ノートやデスクトップなどの普通のPCを使う機会は減り続けている。W-ZERO3では厳しいが、EM-ONEはキーボードとディスプレイを付ければ普通のPCとして使うことができる。そういう時代が来つつある。

 

WindowsVistaで見切りをつけようかとも思っていたが、Popflyといい、最近のFacebook買収といい、マイクロソフトもなかなかがんばっている。良い傾向だ。今後も少しその動向に注目しておいた方が良いだろう。