Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

「Feel Physics」という物理教育アプリの開発・出前授業をしている会社で、アプリを開発しています

アドエスのキーボードは大変すばらしい

まだ買って2日だが、アドエスのキーボードは本当にすばらしい。

キーボードの出来は想像以上だ。以前よりも打ちやすくなった気がする。「ー」キーがちゃんとあるし、Enterキーは大きくて打ちやすい。

実は、これだけのことを押さえていないWindows Mobile機が本当に多い。シャープ以外はすべて(東芝でさえ)ダメなのだ。ちゃんとユーザーテストをしているのだろうか。海外に放り投げてコストを下げようとしてもダメだという良い例ではないかと思う。

また、以前のesは「<」や「;」の打ち方がわかりにくかったが、アドエスではキーボードにしっかり刻印されている。ソフトキーや無線LANのオンオフもしっかり刻印されている。キーボードスタイルでソフトキーがすぐ打てるのは便利だ。

Fnキーと併用したときの役割がすべてのキーに割り当てられている(「ー」「、」「。」「・」以外の記号はすべてFnキーを使う)ため、Fnキーを使う機会はesに比べて格段に増えた。そのため、Fnキーは他のキーの2倍の大きさになっている。また、esではFnキーの役割は青色で印字されていたため見にくかったが、今回はベージュ色で印字されているため見やすい。

面白いことに、数字キーがなくなったおかげでキーボードはすっきりしてわかりやすくなった。記号入力は完全にFnキーの役割になったため、シフトキーの役割が大文字入力に限定され、キーボード上にはほとんどシフトキーに関する情報が印字されていない。そのため、キーボードがすっきりして見えるのだ。

さらに、2つキーが追加されている。一つは「半角/全角」キーで、全角日本語入力と半角英数字入力を切り替える。以前はツールを入れないとできなかったことだ。これは非常に多用する。もう一つは「OK」キーで、これもそれなりに便利だ。

相変わらず「」を入力するキーがないことだけが謎だが、それ以外は秀逸な仕上がりではないかと思う。