Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

物理教育アプリを開発しています

ネット上にファイルを保存するって本当にできるの?

さて、たまにはPCに関する記事でも書いてみよう。

今日の話題は「ネット上にファイルを保存するって本当にできるの?」という話だ。

この話自体は少し前からあったのだが、

  • 同じような話がいろいろあって、
  • また、いまいち敷居が低くなく、
  • 使い勝手もマチマチなため、

話には聞いたことがあるが試したことはないという人が、ほとんどではないかと思う。

私の場合、ここ半年くらい、「ネット上にファイルを保存する」のが順調にうまくいっている。その方法を紹介しよう。

私の場合、3箇所に分けて保存をしている。

  1. ワードやエクセルなどのオフィス文書
  2. 個人的なオフィス文書
  3. 写真

◆ワードやエクセルなどのオフィス文書

私は以下のサイトにすべて保存している。

Office Live Workspace

まだオープンして半年だが、使い勝手は良い。どう良いかというと、ワードやエクセルのアプリケーションからネット上に保存したファイルを直接開いて、編集して、保存できる。

言い換えると、普段とほとんど同じ操作で使えるということだ。

◆個人的なオフィス文書

私は以下のサイトにすべて保存している。

Google ドキュメント

実はワードのような普通の文書もエクセルのようなスプレッドシートも、さらにはパワーポイントのようなプレゼンテーションも、保存できる。保存できるどころか、ブラウザ上から作成、編集、配信まで可能だ。

しかし、その新しさゆえに、使い方を習得するのに時間がかかる。すでにワードやエクセルで苦労した人にとっては、同じようなことをするのに、さらに新しいことまで覚える気にはならないだろう。そういう意味では、上級者向けと言える。

本来はOffice Live WorkspaceとGoogleドキュメントのどちらかで済ませたいところだ。使い勝手はGoogleドキュメントのほうが良いのだが、ワードやエクセルの文書がまだ世の中の大半であることを考えると、Office Live Workspaceも使わざるを得ない。

私は、マイドキュメントのフォルダの中にファイルがほとんどない。ほとんど全て、このOffice Live Workspaceに入れている。そのため、どこからでもこれらのファイルにアクセスできる。Googleドキュメントも同様である。これは非常に便利であるとともに、万一PCが壊れてしまったときの安心にもなる。

◆写真

欧米では「写真と言えばFlickr」なのだが、なぜか日本語化されないでいる。私の場合はFirefoxJapanizeアドインを入れているため、ほぼ日本語で使うことができるが、そういう話に縁のない人にとっては、このサイトを使うのはちょっと厳しいかもしれない。

写真を保存するサービスはほかにもあるが、Flickrの充実振りは、ここ数年間、圧倒的首位をキープしている。有料会員になれば容量制限はない。無制限にアップできる。私は1万枚近くの写真を保存している。撮影日時やタグなどで分類できるので、探すときにも重宝する。

当然、私のパソコンのマイピクチャのフォルダには1枚も写真が入っていない。

◆課題

現在、私のPCに残っているのは動画である。「Oosah」というサイトが1人1TBまで保存できるそうなのだが、まだオープンして1ヶ月ほどしかたっていないため、もう少し見極めてからにしようかと思っている。

ま、何かの参考になれば幸いです。