読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

物理教育アプリを開発しています

140812-Ubuntu DesktopをVagrantゲストマシンにする

開発-Web:Web API:その他 開発

angular-phonecatangular-seedの2つのプロジェクトはテストでChromeを起動するため、通常のコンソールのみのマシンだとテストできません。

Macに直接入れてもいいのですが、nodeのモジュールが大量に入ります。まあ、プロジェクト下に入るので問題ない気もするのですが、個人的に前のMacではいろいろインストールしすぎて変な状態になったので、仮想マシンを作ってそこにプロジェクトを入れることにしました。

しかし普通に仮想マシンを作ってもホストマシンであるMacからは何も見えないので、プロジェクトを見るにはいちいち仮想マシンを起ち上げなければならず、大変不便。VirtualBoxの共有フォルダ機能もあるのですが、Ubuntu側のフォルダの所有権がめんどくさいことになっていて、あれこれしてみたのですがどうにも不便。

というわけで、仮想マシンVagrant仮想マシンにすることにしました。これならプロジェクトの中身が /vagrant フォルダに共有されるので便利です。

途中でこんなことをしたり:

VirtualBoxでOS間のクリップボードを共有する方法 - VirtualBoxの使い方

しかーし・・・

仮想ディスクの大きさをデフォルトの8GBのまま仮想マシンを作ると、ディスク使用率が100%になって、どうにもならなくなりました。仮想ディスクを大きくすることもできるのですが、大変めんどくさいし(いろいろしなければならない)、次のVagrant仮想マシンを作るときも同じことをやらなければならないため、結局boxを作るための仮想マシンを一から作り直しました。

今度は仮想ディスクの大きさを20GBに。これなら大丈夫だろう!

・・・大丈夫でした。

しかーし!今日はこれから明日の友人来訪(『組み込みOS自作入門』勉強会)に備えてVagrant Ubuntu上にH8のクロスコンパイル環境を構築しなければならない!間に合うのか、俺!?(てか、ここまでやるならMacを使う意味あるのか?)

その後。

結論。素のVirtualBoxはダメですね。Vagrant化すればようやく便利便利。

追伸:

vagrantでmountエラーの解決方法 - Qiita