Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

「Feel Physics」という物理教育アプリ販売会社で、アプリを開発しています

会場に行くバスの中でプレゼンを作る iPhone版GoogleスライドとPowerPointの比較結果は甲乙付けがたし

f:id:weed_7777:20151214193527p:plain

時間がなくて行きのバスの中でプレゼンを作る羽目になりました。選択肢はiPhone版の

です。

今回はPowerPointで作りました。初めてでしたが特に悩むこともなく簡単にプレゼンを作ることができました。いやー、PC、要らないじゃん!たぶん新興国などではPCよりスマホを使う人の方がずっと多いでしょう。PCの時代は終わりかけている・・・MS Officeがモバイル対応を焦るのがわかった気がしました。

投影ですが、どちらもAirPlayミラーリングを使えば、PCレスでプレゼンできます。

自分のiPhoneでも、できることを確かめました。

これで、プレゼンやLTするとき、

  • PCは持たずに
  • Apple TVとHDMIケーブルだけ持って行けば

OKです。私のPCはMacBook Proなので重い!これからちょっとApple TV式を試してみて、またレポートします。

スライド投影中の機能ですが、両者のアプローチは全然違います。

アドリブは好きなのですが、私はしゃべる内容を忘れがちなのでGoogleスライドかな。でもPowerPointの書き込み機能もいいよな。うーん、迷う。

さて、作ったプレゼンの公開ですが、こちらは完全にGoogleスライドに一日の長がありました。

ホームページに埋め込めるのはGoogleスライドだけです。スライドを開いて「ファイル」→「Webに公開」→「埋め込む」で埋め込みコードが取得できます。埋め込むとこんな感じです:

Webとの親和性はさすがGoogleという感じですね。

とまあ、甲乙付けがたい両者ですが、予想外に便利です。皆さんもぜひ使ってみて下さい。