読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

物理教育アプリを開発しています

Apple「写真」フォトブックで400枚の写真を自動配置する方法

フォトブック フォトブック-フォトブック

f:id:weed_7777:20160415174136p:plain

普通に写真を流し込むと1ページに1〜3枚くらい配置され、ページ数を上限の100にしても200枚くらいしか写真が入りません。もっと多い枚数を入れて、レイアウトも全部同じではなく散らす方法を以下に図説します。

ここでは、Macで使うAppleのアプリ「写真」で作るフォトブックに、仮に400枚入れるとします。目標としては、ページ数100として1ページに4枚入れることになります。

まず、普通に「ブック」を作ると、こんな感じで写真があふれます

f:id:weed_7777:20160415171827p:plain

f:id:weed_7777:20160415171935p:plain

テーマを変えます。2枚以上のレイアウトが豊富な「ピクチャブック」や「ギャラリー」が良いでしょう。

f:id:weed_7777:20160415172121p:plain

こんな警告が出ますが無視します。

f:id:weed_7777:20160415172227p:plain

テーマを変えたら、まず配置されている写真をすべて引きあげます

f:id:weed_7777:20160415172846p:plain

表紙以外のどこか1ページを選択してCmd + Aで、すべてのページを選択します。

f:id:weed_7777:20160415172949p:plain

1ページに4枚あるレイアウトを選びます。このとき、最終的なテーマには存在しないレイアウトを選びます。

f:id:weed_7777:20160415173219p:plain

f:id:weed_7777:20160415173324p:plain

写真を自動配置します。

f:id:weed_7777:20160415173417p:plain

f:id:weed_7777:20160415173501p:plain

テーマを最終的なものに変えます。ここでは「ギャラリー」に変えます。

f:id:weed_7777:20160415173933p:plain

同じレイアウトがないため、同じ写真枚数のすべてのレイアウトがバラバラに(「ギャラリー」の4枚だと8種類)入ります。

これで完了です。

注意点が2つあります。

  1. 最終的なテーマに同じレイアウトがあると、忠実に全部同じレイアウトになってしまいます。「なさそう」なレイアウトを選びましょう。
  2. 例えば最後に選んだテーマが「モノグラフ」だと写真4枚のレイアウトがないため、意図したものが得られません。したがって、あらかじめ最終的なテーマの「写真4枚(ここでは)のレイアウトの種類の数」が、まあ最低4種類ぐらいはあることを確認しておきましょう。