Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

「Feel Physics」という物理教育アプリの開発・出前授業をしている会社で、アプリを開発しています

Zapierを使って画像付きのFacebook投稿を、元の画像を保持しつつ、別の場所に投稿する

初心者「Zapierを使っています。自分の日本語版Facebookページへの投稿を自動的に翻訳して英語版のFacebookページに投稿するようにしているんですが、画像が小さくなってしまうんですよね。どうにかなりませんか?」

ハッカー「ステップ数が4つになってしまうため有料プランに入らなければならないですが、元の画像を保持することはできますよ」

「Zapierは頻繁に使っているので、有料プランは大丈夫というか、しかたないです」

「ではやってみましょう。ZapierのText Formatterを使うのです」

概要

最近は機械翻訳の性能も上がっているし、例えば自分のFacebookページの英語版が自動的に生成されるといいですよね。これを実現するため、Zapierという高機能版IFTTTのようなサービスを使います。元の画像を保持しつつ、別の場所に投稿するようにします。

この記事では、自分の日本語版Facebookページへの画像付き投稿を、元の画像を保持しつつ、自動翻訳して自動投稿するようにします。以下のような感じです:

元の投稿

f:id:weed_7777:20170813152704p:plain

自動投稿

f:id:weed_7777:20170813154352p:plain

手順 - ステップを順番に配置する

以下のようなレシピを作ります:

f:id:weed_7777:20170813152745p:plain

1) 「Facebookページへの投稿の受信」

これは簡単なので説明は割愛します。

2) 「機械翻訳

ここも簡単なので説明は割愛します。

3) 「テキスト処理」

Zapierのオリジナルステップ「Text」の「Formatter」を使います。以下のように設定します:

f:id:weed_7777:20170813153728p:plain

4) 「Facebookページへ投稿」

以下のように設定します:

f:id:weed_7777:20170813153938p:plain

以上です。いろいろと応用できそうなテクニックですね。