読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

物理教育アプリを開発しています

MacのiTunesやiPhotoのライブラリもDropboxに入れて、古いMacから新しいMacに移行するには

Untitled7_network_diagram

MacのバックアップというとTime Capsuleを使われている人が私のまわりでは多いのですが、そういう人たちは自分で会社つくって自宅で仕事していることが多いように思います。

自宅の外からアクセスする場合、例えばiPad miniなどで自分のファイルを取り出したいときは、Dropboxのようなオンライン・ストレージが便利です。

ただ、Macを使っているとDropboxに入らないものが2つあります。

これらをDropboxに保存するようにすることができます。すると、マシンの引っ越しもDropboxだけでできるようになります(ただしクリーン・インストールになるため、アプリケーションのインストールはやり直すことになります)。

やり方は次のとおりです。

Dropboxにファイルを保存する

Untitled5_network_diagram

当然ですが有料プランを使ってすべてのファイルをDropboxに送り込みます。これは普通にできると思います。

iTunesiPhotoのライブラリをDropboxに入れる

まずiTunesはホーム/ミュージックフォルダに入っているiTunesフォルダをDropboxの中へ移動させて、環境設定のここをDropbox内に切り替えます。

_20131231_15_04_56

次にiPhotoはホーム/ピクチャフォルダに入っているiPhoto LibraryをDropboxの中へ移動させて、以下のように移動後のライブラリを参照するようにします。

_20131231_15_04_05

Dropboxにアップ

するとDropboxiTunesiPhotoのライブラリも保存されるようになります。

Dropbox

新しいMacに同期

最後に、新しいMacに同期させます。8時間ぐらいかかりましたw

Untitled6_network_diagram

これで引越し完了です。

個人的にはデータの所在が複数箇所に分かれてしまうと探すのが大変なので、すべてをDropboxに入れることにしています。