Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

物理教育アプリを開発しています

unixになろう。と、思った

unixになろう。と、思った。

Windowsは世渡り上手だし、Macは人付き合いがとても上手だ。

それにくらべてunixのインターフェースは貧弱だ。Macのようにユーモアや愛嬌たっぷりに振る舞うのは無理にしても、WindowsのようなGUIすら身につけていない部分がたくさんある。

だから、接することができる人が限られる。

unixに接することができるのは、CUIインターフェースに物怖じせず、ヘルプオプションを見て自分で使い方を調べられるような人だ。

そういう人以外に対してunixは、バックグラウンドで黙々と働き続ける。多くのサーバープログラムはunix上で動き、WindowsMacに比べて圧倒的な安定性を誇る。OSに余計な部分が少ないため、OS自体の長期稼働の安定性も、比べものにならないくらい高い。

要は、unixはインターフェースを犠牲にして堅牢性を得ている、ということだ。

インターフェースを捨てるということは、シンプルで在る、ということだ。そしてシンプルさのもたらすメリットは少なくない。たとえばunixなら安定性、堅牢性などだろう。そういう立ち位置を見つけていきたいなと思う。