Weed.nagoya:便利ツールでネット活用

「Feel Physics」という物理教育アプリの開発・出前授業をしている会社で、アプリを開発しています

IoT温度計から送られてくるメールに気温グラフを添付する

前回までの流れは以下のページにまとめています:

Googleスプレッドシートは、Google Apps Scriptを使って送信メールにグラフを添付することができます。そこで、IoT温度計から送られてくるメールに気温グラフを添付するようにしました。

f:id:weed_7777:20150819173216j:plain

具体的には以下のようなスクリプトを書きます:

var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
var chart = (sheet.getCharts())[0].getBlob();  // グラフを取得
MailApp.sendEmail({
  to: "xxxxx@xxxxx",
  subject: "寝室の気温が33°を超えました",
  htmlBody: "<img src='cid:sampleCharts'>",
  inlineImages: {
    sampleCharts: chart
  }
});

コーテーションとダブルコーテーションの使い分けに気をつけて下さい。私も小一時間ハマりました。それにしてもGoogleスプレッドシートは便利ですね!